トップページ >  会員主催のイベント一覧

会員主催のイベント

   エコロジーエクスプレス会員のイベント・セミナーを掲載しています。   掲載希望の方はこちら

リンクは、別ウインドウが開きます。

  イベント・セミナー情報

2017年10月05日: ポツダム気候影響研究所ハンス・J・シェルンフーバー所長来日記念シンポジウム
2017年02月28日: 「事業継続マネジメントシステム(BCMS)の最新動向と対応事例」セミナー(ゲスト企業:イオン/サイエンスクラフト)
2017年02月28日: 必聴!労働安全衛生の法改正最新動向と事例〜無料HSEセミナー(JASHCON・荏原製作所)
2017年01月05日: CO2フリー水素の現状と将来展望 −低炭素な水素社会の構築に向けて−
2016年09月09日: 日化協「ケミカルリスクフォーラム導入編」 開催地:岡山県倉敷市
2016年08月22日: サプライチェーン排出量 算定・活用セミナー
2016年07月05日: 温室効果ガスの大幅削減に向けて―気候変動対策と経済・社会の関係に関する国際的な議論の潮流―
2016年05月26日: 第8回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP2016】
2016年01月25日: 環境省主催 「サプライチェーン排出量 活用セミナー」
2016年01月14日: 「第3回食品産業もったいない大賞」受賞事例発表会
2015年08月20日: 化学生物総合管理学会 第12回学術総会「感染症対策における現場からの意見」
2015年07月27日: NTTデータグループがお届けする省エネの最新動向とソリューションのご紹介セミナー
2015年06月01日: 【紛争鉱物調査の効率化セミナー】紛争鉱物調査の動向のご説明と効率的に調査を行うためのITシステムのご紹介
2015年06月01日: 【環境パフォーマンス管理】サントリー様事例セミナー
2015年03月09日: 「知の市場」公開講座 2015年度前期受講者募集中
2015年02月25日: 中国の政策・経済の最新動向からみる環境・エネルギー分野のビジネスチャンスとリスク
2015年02月25日: 気候変動ファイナンスの最新動向__ファイナンスの視点からみる気候変動対策
2015年02月10日: 気候変動に関する政府間パネル(IPCC) シンポジウム「地球温暖化問題について考えよう!最新の科学と温室効果ガス排出」
2015年02月10日: 公開セミナー「二国間クレジット制度の促進に向けて」
2015年02月09日: 事業者向け地球温暖化研修セミナー「伝わるCSR・環境報告書を作ろう!」
2015年01月29日: 化学生物総合管理学会・社会技術革新学会 春季討論集会 (2015)
2014年11月25日: ポストCOPセミナー「COP20 結果速報と今後の展望」〜リマ会議は2015年合意への道筋をつけたか〜
2014年11月04日:  「カーボン・プライシングの今〜世界に広がる炭素価格付けの潮流」
2014年10月07日: 「気候変動時代の競争力:リスク対応×成長への布石 〜ビジネスリーダーは今、何を知るべきか〜
2014年10月07日: 化学生物総合管理学会 第1回ワークショップ
2014年10月03日: IGES REDD+セミナー「グローバルな環境問題と地域住民の参加」
2014年10月03日: 気候変動に関する最新の科学的知見〜IPCC第5次評価報告書統合報告書に向けて〜
2014年10月03日: アジア低炭素発展に向けた企業セミナー
2014年10月03日: アジアにおける低炭素都市形成セミナー
2014年09月03日: 社会技術革新学会 第8回学術総会   (企画テーマ:「技術伝承とマザー工場を支える新たなイノベーションの探求
2014年08月27日: 化学生物総合管理学会 第11回学術総会   (企画テーマ:「感染症のリスクの制御の現状と今後の展望」)
2014年08月14日: 地球温暖化リスクと人類の選択ーIPCCの最新情報からー
2014年07月31日: 知の市場公開講座2014年度後期の受講者募集のご案内
2014年05月17日:  いまさら人に聞けない!?簡単!効果が出やすい!中小企業の省エネのポイント
2014年02月24日: 責任投資からみる統合報告/非財務情報 〜『統合報告書』作成前に知る、"統合的思考"とは何か〜
2014年01月31日: 「第1回食品産業もったいない大賞」を募集します
2014年01月31日: 食品産業の地球温暖化・省エネルギー対策促進事業 研修会
2014年01月20日: 知の市場公開講座2014年度前期の受講者募集のご案内
2014年01月20日: 第5回知の市場年次大会開催のご案内
2014年01月20日: 春季討論集会(2014)開催のご案内(化学生物総合管理学会、社会技術革新学会共催)