トップページ >  EEセミナー一覧  >  【2005年1・・・

2005年12月15日 

【2005年12月期】環境特別セミナー「循環型社会にむけて欧州および日本における法令対応について −産業廃棄物処理の現状と排出者/荷主責任−」

開催概要

日時: 2005年12月15日(木) 14時00分 〜 17時00分
場所: 株式会社NTTデータ 本社
(東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル36階)
内容: 環境プランニング学会とエコロジーエクスプレスの提携を記念し、環境プランニング学会でご活躍の3氏から、廃棄物処理の現状について報告していただきました。

開催レポート

 欧州における建設系産業廃棄物処理の現状
講演者 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学専攻
 助教授 清家 剛 氏
講演内容 ドイツ、イタリア、イギリスなど欧州各国の建築系廃棄物について、施策や取扱いの違いをご説明いただきました。現地での写真を数多くご紹介いただき、様々なエピソードも交え、現場での状況をよりリアルに伝えていただきました。
資料タイトル 欧州における建設系産業廃棄物処理の現状
EUの廃棄物施策
EUの規制と解体工事の実態によって見えてくること

 産業廃棄物処理の現状と今後
講演者 財団法人日本建材・住宅設備産業協会 委嘱委員会委員
エコシス・コンサルティング株式会社 代表取締役
環境プランニング学会 継続企画推進分科会 委員長
 平田 耕一 氏
講演内容 廃棄物関連法制度の概要および廃棄物の分類について、日本の特徴を米国、EUなど諸外国と比較しながらご説明いただきました。また、今後の課題や方向性について、環境省と経済産業省の政策の違いなどもふまえて解説をいただきました。
資料タイトル 産業廃棄物処理の現状と今後

 産業廃棄物処理および改正省エネ法による荷主責任問題 −環境コンサルティングの実状−
講演者 環境プランニング学会 事務局長
東京理科大学大学院 特別講師 / 法政大学大学院 特別講師
NPO環境アリーナ研究機構 副理事長
 河野 容久 氏
講演内容 改正省エネ法における荷主責任について、その内容、現状や課題などを、サプライチェーンマネジメントとからめながら解説いただきました。
資料タイトル 産業廃棄物処理および改正省エネ法による荷主責任問題

 エコロジーエクスプレスと環境プランニング学会の提携について−
報告者 環境プランニング学会 事務局長
 河野 容久 氏
株式会社NTTデータ第二公共システム事業本部 営業課長
 臼井 規善
内容 環境プランニング学会の活動内容の紹介と、エコロジーエクスプレス会員向けの優待制度について、報告させていただきました。
資料タイトル エコロジーエクスプレスと環境プランニング学会の提携について

資料閲覧に関する留意事項

セミナー資料をご覧頂くには、会員登録が必要です。
各資料の著作権は、講演者または講演者の所属する企業・団体に帰属します。
各資料を無断で転載、複製、再加工することを禁じます。
資料の一部を引用される場合には、著作権者の許諾が必要です。著作権者へお取次ぎいたしますので、カスタマサポートまでご連絡ください。

 ※引用希望箇所、引用の目的、掲載予定の媒体名称、引用される方のご氏名、
  ご所属、ご連絡先(電話、FAX、e-mail)をお知らせください。


 カスタマサポート