トップページ >  EEセミナー一覧  >  【2007年1・・・

2007年11月15日 

【2007年11月期】 環境特別セミナー 「CSRの実践に向けた環境部とCSR部の新たな連携のあり方を探る」

開催概要

日時: 2007年11月15日 14時00分ら17時00分まで
場所: 株式会社NTTデータ 駒場研修センター イベントホール(東京都目黒区駒場2-18-2)
内容: 「CSRの実践に向けた環境部とCSR部の新たな連携のあり方を探る」をテーマとして、CSR活動におけるコミュニケーション方法と、既に先進的に取り組まれている2社のご担当者さまよりコミュニケーション事例を紹介いただき、パネルディスカッションを開催いたしました。

開催レポート

 第一部:CSRを成功させる社内コミュニケーションの進め方
講演者 株式会社NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティング本部 マネージャー 溝内 辰夫 氏
講演内容 「CSRを成功させる社内コミュニケーションの進め方」と題し、過去の企業コンプライアンス問題の事例を踏まえ、CSRついてのビジョンを持つことの必要性、及びそのビジョン共有の必要性をご講演いただきました。
資料タイトル CSRを成功させる社内コミュニケーションの進め方

 第二部:CSRの実践を目的とした効果的な社内のコミュニケーション事例


講演者 富士フイルムホールディングス株式会社 コーポレートサポート部 CSRグループ《兼務》 富士フイルム株式会社 CSR推進部 出石 忠彦 氏

三菱電機株式会社 環境推進本部 推進グループ 担当課長 竹内 秀年 氏
講演内容 CSR専任部署という立場でのCSR活動と、環境部署という立場でのCSR活動という2つの視点からの社内外CSRの取組みをご紹介いただきました。
資料タイトル 富士フイルム株式会社「富士フイルムにおけるCSRコミュニケーション」

三菱電機株式会社「環境部門から見た三菱電機のCSR」

 第三部:パネルディスカッション
コーディネータ ソーシャルプロジェクト・コーディネータ&コンサルタント 平岩 千代子 氏
パネリスト 株式会社NTTデータ経営研究所 溝内 辰夫 氏
富士フイルムホールディングス株式会社 出石 忠彦 氏
三菱電機株式会社 竹内 秀年 氏
資料タイトル 冒頭にコーディネータよりCSRコミュニケーションにおける姿勢や社内の仕組みづくりについてアドバイスいただき、その後、第一部と第二部におけるプレゼンテーションについて、参加者からの質問を集約し、各パネラーよりご回答頂きました。グループ会社との共通のCSR活動についての考え方や、社内各部署でのCSR意識の格差の問題点についてのアドバイスをいただくなど、具体的な事例についてお答えをいただきました。

資料閲覧に関する留意事項

セミナー資料をご覧頂くには、会員登録が必要です。
各資料の著作権は、講演者または講演者の所属する企業・団体に帰属します。
各資料を無断で転載、複製、再加工することを禁じます。
資料の一部を引用される場合には、著作権者の許諾が必要です。著作権者へお取次ぎいたしますので、カスタマサポートまでご連絡ください。

 ※引用希望箇所、引用の目的、掲載予定の媒体名称、引用される方のご氏名、
  ご所属、ご連絡先(電話、FAX、e-mail)をお知らせください。


 カスタマサポート